2019年03月31日

音楽と心理学

音楽を聴いて、気分を落ち着かせたり、高揚させたりすることがあると思います。
今回は、音楽と感情との関連について、先行研究を調べてみました。

音楽と感情を研究する上で、難しいと思われる点は、音楽がメローディー・リズム・ハーモニーによって構成されるものであり、さらに歌となると、歌詞・歌手の歌声・歌い方など、様々な構成要素が影響しあって、聴いている人の感情を動かすので、どの要因が影響しているのかが一概に言えない点です。さらに、調査協力者の心理的な状態や曲の好みなど他の要因も絡んできます。

しかしこれは、心理学全般に言えることで、色んな要素が複雑に絡み合ってある現象が起きているわけで、それを研究するためには、要因を細分化して検討したり、何かと何かの相互作用を検討したりしていくしかないのです。

それでは、先行研究の結果を列挙していきます。

1)クラシック音楽の大半は、睡眠導入効果がある
クラシック音楽を聴くと、脳波にθ波の増加が見られることから、覚醒(対義語は睡眠)が低下することが示唆されています。つまりは眠くなるということです。またクラッシック音楽を聴くと、脳波がa波の1/f型のゆらぎを示すそうで、1/f型のゆらぎは、「ここちよさ」の指標として用いられています。
演奏会で寝てしまうのは、仕方ないことだったんですね(笑)

2)音量が突然変化するとき、Chill反応(背中がぞくぞくする反応)が起こりやすいSloboda, 1991)
Chill反応は感動体験とも結びついている生理的反応です。
例えば、ドラマやアニメのBGMが変わるきに、身震いした経験はあるでしょうか。こうした反応を指します。
また声優はセリフの中で音量変化を行っているように思います。セリフ読みで「・・・だよね!(音量多い)でもさ・・・(音量少ない)、やっぱり・・・・(音量多い)」といった感じで、一文、一文ごとに声量を変えているので、セリフを聴いていると心が動かされる(それだけではないですが)気がしますね。

3)音楽が盛り上がるときに、ドーパミンが放出される(Salimpoor, et al., 2011)
個人的に面白い結果でした。音楽を聴きながら勉強をしている人は、この効果を得ているのでしょう。

4)聴く回数が増えると、快感情が増加する (Bradley,1971;Heingartner&Hall,1974;
Krugman,1943;Mull,1957;Zajonc,1968)

同じ音楽を繰り返し提示すると、その音楽への快感情が増加するそうです。

5)悲しいときに悲しい音楽を聴くと、悲しみが低下する(松本,2002)
松本(2002)は、悲しい時に悲しい音楽を聴くことは、感情を調節する方法であることを示唆しています。

************************************************************
音が感情に影響を与えていることは様々な研究から言われています。今後も発展していく分野だと思うので、個人的に気になっています。音楽療法も気になります。

文献:
松井琴世, 河合淳子, 澤村貫太, 小原依子, & 松本和雄. (2003). 音楽刺激による生体反応に関する生理・心理学的研究. 臨床教育心理学研究, 29(1), 43-57.
寺澤洋子, 星-芝玲子, 柴山拓郎, 大村英史, 古川聖, 牧野昭二, & 岡ノ谷一夫. (2013). 身体機能の統合による音楽情動コミュニケーションモデル. 認知科学, 20(1), 112-129.
高橋幸子, 山本賢司, 松浦信典, 伊賀富栄, 志水哲雄, & 白倉克之. (1999). 音楽聴取が情動に与える変化について: 音楽聴取前後の POMS スコアの変化を中心として. 心身医学, 39(2), 167-175.
榊原彩子. (1996). 音楽の繰り返し聴取が快感情に及ぼす影響. 教育心理学研究, 44(1), 92-101.
松本じゅん子. (2002). 音楽の気分誘導効果に関する実証的研究. 教育心理学研究, 50(1), 23-32.

スポンサーリンク


posted by アリシス at 05:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください