2018年12月14日

「異性の心を上手に透視する方法」を読んでみた

恋人や配偶者との関係を心理学で解き明かしてみたい、と思いませんか。

相手のことは大好きだが、長続きしない。相手が急に距離をとる。相手との関係に不安を感じてそのことばかり考えてしまう、など。

親密な他者との関係は、アタッチメント理論という用語で心理学では研究されています。

この理論が好きで研究者になる人は割と多い気がします。

恋愛を研究の対象に出来るのは楽しいですよね。

アタッチメント理論は以前の投稿でご紹介したのですが、一般書籍のhow to本でアタッチメント理論を紹介しているものを見つけたので、今回はその書籍のレビューをしてみたいと思います。

(以前紹介した記事は乳幼児期のアタッチメントであり、今回紹介する本は成人期のアタッチメントであるため、内容が若干異なります。成人期のアタッチメントについては、今後執筆したいと思います)


「異性の心を上手に透視する方法」

<


アマゾンのレビューを見てみると、星4.5で非常に高評価です。

著者はアミール・レバインという方で、この本で初めて知りましたが、精神科医をされているようです。だから、心理学の論文で名前を見かけることが無かったのかもしれません。

----------------------------------------------------------

まず、アタッチメント理論の成り立ちから押さえられていて、

アタッチメントの先行研究もきちんと紹介されていて、

具体的なエピソードが沢山取り上げられていたため、初見の人が回避型や不安型(とらわれ型)の説明を受けたとしても、イメージが付きやすいと感じました。


----------------------------------------------------------

○従来の心理学研究と異なる点
安定型、不安型(とらわれ型)、回避型の診断項目で、通常、診断に使用されるアダルトアタッチメントインタビュー(AAI)やアダルトアタッチメントスタイル尺度などとは質問項目が割と異なっていました。


従来のものはその人が育ってきた家族に(も)焦点を当てていますが、この書籍では恋人や配偶者の現在の行動や発言だけに焦点が当てられていて、家族の質問項目は無いようです。


なので、相手のアタッチメントタイプを多面的には捉えられていないのかもしれないのですが、この書籍の診断は、自分1人でも相手を診断できるので、使い勝手が良さそうです。

また、AAIが専門的スキルが必要となるため、一般書籍で方法として取り入れる方が現実味がない気がします。

行動や発言に関する項目も従来のものとやや異なっていましたが、書籍のタイプ別の説明を読むと納得できたため、この書籍で説明されていた回避型、不安型(とらわれ型)、安全型を診断するツールとしては問題ないと思いました。

----------------------------------------------------------

最後に、タイトルが残念な点について。

本の内容を反映するなら「恋人の対人関係パタンを上手に透視する方法」等に変えた方が良さそうです。

内容が面白いだけに。

「異性の心を上手に透視する方法」



スポンサーリンク


posted by アリシス at 00:00| Comment(0) | 本のレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください