2018年02月01日

東京大学大学院 教育心理学コースと臨床心理学コースに共通する合格すための教科書

こんばんは。現役東大院生のアリシスです。

今回は東京大学大学院 教育心理学コースと臨床心理学コースに合格するための共通教材をご紹介します。

共通教材は①英語と②統計学です。
順にご説明します。

スポンサーリンク






〇英語

これは,教育学研究科共通の問題で,足切りに使用されると内部では噂されています。

具体的には,一日目の英語のテストで合格ラインに達しないと二日目に受ける専門科目の試験は採点されないそうです。

何はともあれ,対策をするに越したことは無いでしょう。

私が使用したのは「京大・学術語彙データベース基本英単語1100」(著:京都大学英語学術語彙研究グループ+研究社)です。


実は,この単語帳を覚えたからといって,点数が上がったわけではないのですが,精神安定剤にはなりました。

大学受験で使用した単語帳が残っていればパラパラとめくり復習するだけでも十分良いと思います。

求められる英語レベルは国立大学2次試験レベルくらいでしょうか。
大学受験の経験値をもとに英単語や構文の難易度を判断したくらいですが・・・。

求められる能力としては,日本語訳の力です。
去年の問題で言えば,大問3つの中から2題を選びそれらを全て和訳するというものでした。

過去10年ほど,和訳するという質問形式は変わっていませんが,例年,単語がやや難しくなっている気がします。

最後に,私は使用しておりませんが,先輩がお勧めしていた本もご紹介します。

心理系大学院入試頻出英単語」(著:中央ゼミナールステップアップサポート部心理系スタッフ)


ーーーーーーー
〇統計学

前回の記事と重複しますが,南風原朝和先生の「心理統計学の基礎‐統合的理解のために」と「「心理統計ワークブック‐理解の確認と深化のために」を使用するのが効果的です。




教科書の題名には,基礎,と書いてありますが,かなり難しいことも書いてあります。

理解するには,最低3周。自分のものにするには7周以上した方が良いでしょう。

この7周というのは,内部生も苦戦し,平均すると7周くらい繰り返していたことから出た数字です。

しかし,この2冊を理解できれば,統計学は大きな得点源となります。

専門領域の問題は,分からない知識を問う問題が出される可能性がありますが,統計学はこの2冊から,確実に出ます!!

ただし,根本を理解していないと解けない問題や「ここから出るの?!」といった細かな部分まで出題されるため,難易度は比較的高いです。

ただ,確実に点数に繋がる問題ではあるので,力を入れて対策しておきたい分野になります。

この2冊以外から出る問題としては1つだけ「項目反応理論」が挙げられます。

これは,他の教材や授業プリントで対策する必要性があります。

ただし,数年に一度しか出題されないため,過去問で出そうかどうかを確認してから対策をしても良いでしょう。

心理統計学を基礎から学びたい人にお勧めなのは「よくわかる心理統計」(著:山田剛史,村井潤一郎)です。時間のある方は、この教材から使用すると、南風原先生の心理統計を読む際に、理解がスムーズになると思います。

最後まで読んでいただき,ありがとうございました。

スポンサーリンク


posted by アリシス at 01:50| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。東京大学大学院で臨床心理学を勉強したいと思っているものです。現在都内の大学に通っています。
大学院受験に必要な教材を探していたところこのブログにたどり着きました。
暗中模索していたので、本当にありがたいです。ありがとうございました。
突然で申し訳ないのですが、東大院試について個人的に相談したいことがあるので記載したメールアドレスに連絡していただけないでしょうか。情報収集がまず第一かなと思っているのでお力を貸していただければ幸いです。
Posted by あかり at 2018年04月30日 09:11
>あかりさん

本ブログをご参考くださり、誠にありがとうございます。

院試のご質問ということですが、今月の23日に教育学研究科の説明会がございます。まずは、そちらに参加していただき、内部生とのツテを作るのが最も良いかと存じます。

私の方でも、何かお手伝いできることがありましたら、本ブログの記事かこちらのコメント欄にて、ご対応させていただきます。

あかりさんの合格をお祈り申し上げます。


Posted by アリシス at 2018年05月08日 23:53


>あかりさん

説明会のURLを添付いたしますので、宜しければご参考ください。

http://www.p.u-tokyo.ac.jp/entrance/graduate
Posted by アリシス at 2018年05月09日 00:12
コメントを書く
コチラをクリックしてください